障害年金の受給について

お金体に障害のある方ならば、障害年金を申請して受給できる可能性はあります。一部の障害をのぞき、ほとんどが障害年金の対象とされているので、体に疾患や障害のある方なら、受給できる可能性はあります。もしも障害年金を受給希望ならば、地域の市役所に出向き、必要書類に記入し、提出し、申請するだけとなり、その後審査があり、審査通過すると支給となり受給開始です。

ただ障害も人それぞれ、内容も程度も違います。そして障害年金では、このような状態で程度の方が、受給対象であると、明確な基準は決まっていません。そのために、役所では申請書類の内容を見て、障害の程度が受給にふさわしいか判断します。

障害年金の申請は種類を提出するだけであり、書類の書き方もテンプレートで説明があるので、誰でも記入して申請は可能です。しかし問題は、役所に認められるように書類をかけるかどうかであり、これにはやはりノウハウが必要となってきます。たとえば、医療機関での診断書の取り寄せにしても、多くの方は自分の足で出向いて取りに行くので、どうしても障害の程度が良いときに行くことが多く、診断書の内容が軽く書かれてしまい、提出しても審査不合格となり、障害年金受給不可となることも多いです。受給できたとしても、障害の程度を下げられてしまい、本来より低い金額しかもらえないということもあります。そのようなことを避けるためにも、役立つのが、社会保険労務士事務所を通じての障害年金請求です。