書類の書き方について

障害年金の書類制作のスペシャリストとも言えるのが、社会保険労務士事務所です。専門的な知識を持っており、多くの障害年金の申請を扱ってきた事務所ならば、少なくとも扱う障害年金の90%以上は申請を通しています。やはり障害のある方が、自信のみでなく、社会保険労務士事務所で相談して申請するのは、専門的な知識のある方の助けを得られるというメリットがあります。

障害年金の申請でのポイントというと、先ほどの医療機関での診断書になります。そしてもう1つ申請する方が記入する、病歴・就労状況等申立書と呼ばれる書類です。これは障害が発生してから、今までの状況を記入する書類であり、現在までどのような状態を歩んできたか記入します。

書類やはり、初めて障害年金を申請する方は、このような書類の書き方や、どの程度の診断書であれば、申請が通るのか、よくわからないことが多いです。しかし社会保険労務士事務所で相談すれば、どの程度の診断書をもらえばよいのか、病歴・就労状況等申立書はどのように書けば良いのかなど、必要となる書類の書き方を教えてくれて、さらに完成後の書類も、申請が通るか確認してくれます。気になる方は、まずは社会保険労務士事務所に相談して見ると良いでしょう。